Kasukabe Vision FILMz

kasukabev.exblog.jp ブログトップ | ログイン

GPミストラル 2012-2013 第1戦(JECX #1)

b0136231_2222094.jpg

まだ梅雨明け前だと言うのに、関東のシクロクロスシーズン“GP-ミストラル”が早くも開幕した。
この日開幕したGP-ミストラル(以下GPM)は関東、東北、北海道の3地域で競技力向上とシクロクロス普及発展を狙いとする東日本シクロクロスツアー(以下JECX)の第1戦でもある。
b0136231_2304244.jpg
b0136231_2232086.jpg

twitterなどで夏にシクロクロスを開催する疑問符などが見られたが、心待ちに待っていたライダーもいたに違いない。エントリーは200人オーバー。子供クラスは他のイベントと重なってたようでエントリーは少なかったのが残念。しかし真冬と違い軽装のこの時期的なものがあるかもしれないが、ギャラリーがとても多く感じた。

コース設定は『子どもと女性のCX大会』で使用したエリアにカデット用のショートコース。U14、U12で使用するミドルクラス。そして一般用のロングコースを設営。ロングコースは1LAP6分前後の比較的早いコース設定となった。会場が平坦なのがGPMの特徴なのだが、それでも地形を上手く活用して数箇所にドロップオフを用意したり、シケイン板の間隔を広くして担いで走らせる設定だったりして単調ではない設定になっている。
b0136231_225417.jpg
そして今回はギャラリーが一番見やすいところに1番激しいセクションを設定。小川を数回ジグザグに切り返すのだが、前日のコース設営後に試走したところ乗車して通過可能だった。しかし土曜日の夕方からレース受け付け時間までの間に降った雨は想像以上に走る側にとっては厳しく、見る側にとっては楽しいセクションに生まれ変わらせてくれた。レース開始前の多くのライダーによって水と土が完全に混ざり合ったペースト状の泥に仕上がり、乗車通過率ゼロ。雨が上がって気温上昇も手伝い体力奪取率200%!(当社比)
b0136231_2241343.jpg
よく言葉のたとえで『泥臭い』と言うが、写真を撮っていると実際に泥の臭いが強烈だった。


b0136231_227101.jpg


Flickrへのリンクを追記しました。
Flickrへのリンク切れ修正してあります。記事下部にリンクあります。









b0136231_2262230.jpg

b0136231_2273755.jpg
b0136231_231189.jpg

b0136231_2275572.jpg

最高カテゴリーのC1には普段のCX期であればスケジュールが重なりなかなか交流のできない関西での選手登録のエントリーもあった。レースは3Lap目にトップに立った山本和弘(キャノンデールレーシングチーム)が優勝。2位に池元(和光機器-AUTHOR)。3位に片道8時間かけて石川県から来てくれた濱(BRIDLER)。


b0136231_230534.jpg

C1と同時スタートとなったC2ではスタートリストでもC1にもっとも近かった秋山(GRUPPOACQUATAMA)が次レースからC1出走となる昇格を決めた。2位には馬場(じてんしゃの杜)、3位は金森(パナソニック)


b0136231_31667.jpg

b0136231_2331434.jpg

同じくC1,C2と同時スタートとなったfemmeクラスでは今年からL1登録となった自転車美女の吉田(八ヶ岳CYCLOCROSSCLUB)が優勝。C2優勝者と同ラップは立派。
b0136231_313376.jpg
2位となったワカチコこと武田和佳(ARAIMURACA)は今年はGPMフル参戦との事。
b0136231_314627.jpg
お父さんの武田店長、娘さんの写真たくさん撮ってもいいですか? 
b0136231_31573.jpg
3位には真っ白な臼杵レーシングを泥でキレイに?汚して力走の綿貫。


b0136231_2393286.jpg



b0136231_2335637.jpg

b0136231_2335445.jpg

b0136231_2335066.jpg
b0136231_2352821.jpg

単独発走となったマスターズは序盤に岡田(Team Dirty Wheels)が逃げるもサイクルクラブ3UPの羽鳥に捕まってしまう。3位にはシングルスピードで走った金子(TEAM TAMAGAWA)
b0136231_2371138.jpg
TOHOKU CX PROJECTの菅田氏も前日のコース設営から当たり前のように来てくれた、関東のライダーも都合を付けて当たり前のように東北シリーズにエントリーしよう。



b0136231_2355881.jpg
大人気カテゴリー3。Aグループでは17歳の若いライダーがオッサン共を圧倒。
b0136231_2361984.jpg
b0136231_2363446.jpg
b0136231_2364425.jpg
優勝は重田(TeamCUORE)コメントも爽やかな印象だった。2位には同発走となったユースの織田ヒジリと激しいレースを展開したもう一人の17歳、金子(TEAM TAMAGAWA)。シーズンを跨ぐが2戦連続で3位の浅香(TeamCUORE)にはそろそろ3位野郎の称号を与えたいところだ。


b0136231_254162.jpg
b0136231_2535089.jpg
b0136231_2534267.jpg
最終レースとなるカテゴリー3のBグループではフィアンセの前でカッコいい走りを披露したTEAM TAMAGAWAの一森が優勝。2位に北澤(TeamARI)、3位にはCX不毛の時代を知る合田(over-do)。

b0136231_2412136.jpg
b0136231_2413643.jpg
もちろんチビッコたちも頑張った。
b0136231_2414673.jpg
フィードゾーンではこのように親からボトルを受け取る、

b0136231_2432292.jpg
ドロドロも
b0136231_2445915.jpg
噴霧器?できれいに流し落とします。

b0136231_2544498.jpg
b0136231_2543360.jpg
ゴールするとほとんどのライダーは倒れ込み修羅場のような光景が広がった。

b0136231_2452277.jpg
b0136231_2453469.jpg
チューブラータイヤが剥がれてしまうライダーが何人かいたようだ。熱のせい?泥のせい?ひょっとして前のシーズンに使ったまんま?

b0136231_256463.jpg

閉会式ではこの晴れっぷり。天気予報では曇りであったが時折、強い日差しで一気に気温が上昇した。

b0136231_2571474.jpg


大量の写真はいつものように後ほどFlickrに掲載します。
Flickrに写真掲載しました。
Facebookにも写真掲載しています。Facebook繋がりのある方の写真見つけたらタグ付けてください。
掲載に不都合がありましたら連絡ください。こっそり速やかに削除します。

と、いうことで参加されたライダーのみなさん及び関係者のみなさん、お疲れさまでした。


どうですか?真夏のシクロクロス、ありだとおもいませんか??



当サイトに掲載の写真はライダー本人及び保護者、並び所属チーム関係者に限り二次使用を許可しますが、転載の場合キャプション及び当サイトへのリンクも同時にお願いします。

Copyright © 2012 KasukabeVisionFilmz™ All Rights Reserved.

by KasukabeVision | 2012-07-10 03:09 | シクロクロス
line

がんばろう日本!


by KasukabeVision
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite