Kasukabe Vision FILMz

kasukabev.exblog.jp ブログトップ | ログイン

野辺山シクロクロス 2012

NOBEYAMA CYCLOCROSS 2012
b0136231_21253172.jpg

個人的にシクロクロスに関わってから早一年、今回は野辺山シクロクロスにプレスとして参加してきた。
b0136231_21272978.jpg


土日の二日間開催。お祭りには始まる前から参加しないと気が済まない人間は土曜の午前9時の時点ですでに会場入り。私もその中の一人。
b0136231_21261916.jpg
b0136231_21262624.jpg
もはや名物といっても良い、『泥T』とカウベル。カウベルは今年ブルー、ブラック、カッパーと3色用意したがカッパーが一番人気のようで土曜日の時点で売り切れとなったようだ。『泥T』も同じくほとんど土曜日の時点で売り切れ。

b0136231_21275554.jpg

土曜日の午前中は試走の時間に割り当てられていた。強くはないがやむ気配の無い小雨の中多くのライダーが泥具合を確かめる。





Day1
b0136231_2128333.jpg

午後からはキッズ1と2、キンダーガーデン、そしてシングルスピードクラスのレースが実施された。
b0136231_21285055.jpg

キッズ1、2ともレースは1周回のみ。すこし物足りなさがあるようだったが、スケジュールから考えると致し方無いような気もする。
b0136231_2129263.jpg
b0136231_21291226.jpg

ちびっ子クラスではこのレースのために来日したバニラバイシクルズのメンバーがシケイン通過にサポートに入る。



b0136231_21293177.jpg

なにかと話題のシングルスピードクラスは痛い?方々が大勢参加。それぞれ好みが分かれるところだが、笑ってあげるのがこのクラスの流儀であろう。
b0136231_21294237.jpg
b0136231_21295082.jpg
b0136231_2130970.jpg




日が暮れるほどに強くなった雨は午後9時過ぎには止み、空気が一気に冷たくなった。
b0136231_21302837.jpg



b0136231_21304351.jpg

主催者側はプレスルームを用意。wifiの電波も提供してくれる待遇。お陰で初日に撮影した『ドラえもん』の画像をtwitter上に流す事ができた。

**********************************************

b0136231_21564242.jpg

Day2
見事に晴れ渡り、遠くのまで視界が利く澄み切った冷たい空気が肌につきささる。
b0136231_21565454.jpg

当日入りの参加者は早くから試走をしている様子。
b0136231_21571951.jpg
コースコンディションを確かめるためにカメラを持ってコースウォークにでるとカチカチに泥が凍っているが、日差しとともに霜が解け、グジャグジャになるのが容易く想像できる泥日和。

**********************************************

b0136231_21573471.jpg
b0136231_21574243.jpg

どの地域でも大人気のカテゴリー3(C3)は3組出走。B組、C組では現役中学生が表彰台に昇る。
女性もL1、L2,L3のトータルで約40名が出走。L2、L3、そしてマスターズはC3と時差出走でレースが進行。はっきりいうとレース展開など身内じゃなきゃ判別つかないほど多くのライダーが走る。
b0136231_2158745.jpg
b0136231_21581429.jpg
b0136231_21582554.jpg
b0136231_2159383.jpg


**********************************************

続いてカテゴリー2は80人を越えるライダーが単独の発走。
b0136231_21591242.jpg
b0136231_21592285.jpg

C2をぶっちぎったのはシングルスピードバイクに乗るオープン参加のAustin Horse(KING KOG/ROSKO)伊達にREDBULLヘルメットを被っていない事を力で証明。Austin Horseは11月23日に行われるREDBULL MINI DOMEにも参加するとの情報だ。
b0136231_21593281.jpg

木下(千葉経済大学附属高等学校)が2位に入り涙の昇格。続いて村田(快レーシング)。
前日のシングルスピードクラスでアシモのコスプレで会場を沸かせた筧(イナーメ信濃山形)が4位。

**********************************************

午後からはUCIカテゴリーレースのジュニア、L1がスタート。ジュニアカテゴリーはエントリーが二人だけと盛り上がりに少しさみしいが、横山航太(快レーシング)が山田誉史輝(HAPPYRIDE)を2分以上引き離して優勝。
b0136231_2203860.jpg
b0136231_2204847.jpg

L1は途中トラブルで遅れてしまった女王:豊岡(パナソニックレディース)がSPEEDVAGENの二人と宮内(CLUBviento)を猛追。あっという間に追いつき、追い抜き、その後はほぼ独走。宮内とLaura Winbelly(SPEEDVAGEN CYCLOCROSS TEAM)が見応えのある2位争いを演じ、宮内が競り勝ち2位となった。
b0136231_221641.jpg

b0136231_221204.jpg
有志によるiPhoneを利用した生中継では現場に来られなかった人も臨場感を味わえたことだろう!

**********************************************

カテゴリー1(C1)ではMenとジュニアの全日本チャンピオン同士の争いが見られるかと思えた。ホールショットを小坂(宇都宮ブリッツェン)を取ったが、レースが落ち着くと竹之内(チームユーラシア)、小坂(スワコレーシング)、丸山(MASSA-FOCUS-SUPER B)の結果的に表彰台に乗ることになる3人の先頭パックに。
b0136231_2214313.jpg
終盤にさしかかった所で竹之内でアタックしそのまま逃げ切り優勝。2位に小坂父、3位に丸山となった。このレースはUCIルールに乗っ取り80%ルール適用のため、次々に足切りされるライダーが続出。最終的に出走62人中完走したのは僅かに17人だった。
b0136231_2215189.jpg
b0136231_2215857.jpg


b0136231_2221427.jpg


b0136231_2223421.jpg

既読だと思うが、詳しいレース内容及び公式リザルトはオフィシャルサイトを参照のこと。シクロワイヤードにはムービーも掲載されている。


b0136231_2222263.jpg


二日間に渡って繰り広げられた泥の祭典。まだカウベルの音が耳に残っている。家の中で試しにならしてみるとただうるさいだけだが、シクロクロス会場では心地よいBGMにさえなる。年々参加者が増え、来年はさらなるパワーアップしたイベントになるだろう。残念ながら都合が付かず参加できなかった人や、食わず嫌いな人は是非来年参加を!


**********************************************

義務感に駆られたわけではないが、現場の空気が写真撮れと煽るのでまたしても大量の写真を撮ってしまった。
トップカテゴリーの選手や上位に入賞した選手はどのサイトでも紹介されるが、私が撮った写真にしか写っていない人も多いはず。ひとりでも喜んでもらえるなら、苦労が報われる。

ということで、大量の写真はFlickrに。
Facebookの『春日部写真店』にも何枚か掲載しています。

オフィシャル、関係者、及び参加者のみなさん、お疲れさまでした!

当サイトに掲載の写真はライダー本人及び保護者、並び所属チーム関係者に限り二次使用を許可しますが、転載の場合キャプション及び当サイトへのリンクも同時にお願いします。

Copyright © 2012 KasukabeVisionFilmz™ All Rights Reserved.

by KasukabeVision | 2012-11-21 22:12 | シクロクロス
line

がんばろう日本!


by KasukabeVision
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite