Kasukabe Vision FILMz

kasukabev.exblog.jp ブログトップ | ログイン

GPミストラル 2012-2013 第4戦

外に出たってまだ真っ暗。レース会場までヘッドライトがまだ必要な時期。いよいよ布団から脱出するのに時間がかかるようになってきた。前日のコース設営時に1時間ほど雨が降り、大風の一日になるかもしれないと予想したが、期待を裏切り風の無い一日だった。

関西、信州、日本全国のあちこちの会場で来週行われる全日本シクロクロス選手権のために追い込んだに違いない。それはC1やL1のライダーだけではない。全日本選手権と同日開催される年代別選手権に出場するいわゆるノービスライダーやその様子をカメラに収めようとするカメラマンも追い込みだ。
コース設定はズバリ『踏むコース』。これは来週のふもとっぱらを意識したものと思われる。泥は一部分、小川渡りが設定されたが、うまくピョンっと渡れるかどうか微妙な距離。まんまとハマってしまったライダーも少なくはないだろう。

b0136231_23325125.jpg
レース開始前は最近無かった校長先生オルガナイザーからのお話があり。
b0136231_23331782.jpg
参加者が大勢集まり東京都民となった土井選手を囲んで集合写真を撮影。(影が長いので思いっきりトリミングしてます、はい。)

b0136231_2334384.jpg







さて、レース。

b0136231_23345798.jpg
最高峯クラスのカテゴリー1(C1)には現ロードレース全日本チャンピオンで来年からはTeamUKYOに移籍が先ごろ発表された土井雪広が参戦。全然自転車に乗っていないとの情報で、ただの人になりかけていたようだ。

b0136231_2335181.jpg
スタート前に同じ八王子市民の空飛ぶオトコ、山本カズとローカル話に花が咲く。
b0136231_23353315.jpg

CXの大御所、RRに行く人、RRから来た人

最後尾スタートの前田公平(SpeedvagenCyclocrossTeam)がもの凄い勢いで前に上がって行くのが遠目に見てもわかった。
b0136231_23384457.jpg
b0136231_23385699.jpg


1周目の前半こそ先頭は5人のパックだったが、コントロールラインに戻ってくると先頭は前田と合田(cycleclub 3UP)の二人に。続いて山本カズ(キャノンデールレーシングチーム)、池本(和光機器-AUTHOR)、三上(cycleclub 3UP)の三人に。
b0136231_23464933.jpg
1周回目の5人パックこのまま展開すると思われたが前田と合田が抜け出す

b0136231_23532277.jpg
土井(スキルシマノ)がセカンドグループに合流すると同時に山本カズがひとり抜け出しトップグループを追う。中盤合田が泥のセクションでミスした隙に前田が引き離しに逃げ始めた。
b0136231_23545430.jpg

逃げる前田を捕まえようと追う合田に詰め寄ったのは山本カズ。戻りのピットの横で合田をパスし山本が2位に浮上。
b0136231_23564342.jpg
最後までタレることなく前田がC1昇格後初優勝。2位に山本カズ、3位に合田。最終周まで池本、土井、三上とパックになっていたが三上がパックを抜け出し4位になった。
*************************************************

C2はFemmeと同時発走
b0136231_2359749.jpg
発走前には次週の全日本選手権へ出場する女性ライダーに対するエールを込めたフォトセッションが行われた。
b0136231_005135.jpg
多田(042-703-9122-A)と伊井(臼杵レーシング)がレースを引っ張るが、終盤トップに立ったのはC2でのレース2戦目?の國井(MilePostRacing)だった。
b0136231_033699.jpg

2位に今シーズン初CXレースの多田(042-703-9122-A)、3位になかなか昇格出来そうで出来ない伊井(臼杵レーシング)

b0136231_044418.jpg
Femme はここのところ安定した強さを見せる齋藤(TEAM-MASA+/BOMA)が武田(ARAI MURACA)を2分近く引き離して優勝。3位にはジム仲間が大勢応援に来ていた綿貫(臼杵レーシング)
b0136231_074277.jpg
b0136231_075113.jpg
b0136231_08639.jpg
綿貫のジム仲間のみなさん。いろいろごちそうさまでした。
*************************************************

マスターズクラスはジュニアと同時発走。
b0136231_012533.jpg

ジュニアは山田誉史輝(HAPPYRIDE)ただひとりだけ。ジュニアもUCIにカテゴライズされているのだが、残念ながらGPミストラルにエントリーするライダーはひとりもいない。
b0136231_0121328.jpg

後方スタートの山田がオジサマたちを次々にパスし、チョロチョロ小川渡りに到達する時点で一人旅が始まった。
b0136231_0321088.jpg

マスターズクラスではめまぐるしくトップが変わる展開だったが、終わってみれば羽鳥(cycleclub 3UP)が優勝。その羽鳥を追ったのが金子(TEAM TAMAGAWA)、3位には富田 (シロクマCAFERACING)。いつも羽鳥と終盤にバトルを展開する岡田(Team Dirty Wheels)は通称「ミストラルバンク」で転倒し遅れた。
*************************************************
b0136231_11610100.jpg

*************************************************
GPミストラルの人気アトラクションカテゴリーのC3、今大会は2組のレース。
本来需要が多く、3組の実施にしたいところだが、日照時間やスタッフの人数の問題もあり、2組100名定員となっている。
C3Aはユースと同時発走
b0136231_0544861.jpg

ユースには織田聖(mistral)と山田将輝(Limited846)の二人がエントリーしてあったが、山田が手の指を骨折しており、問題なく走れるとの事だったが次週のレースに備え大事をとってDNS。
b0136231_054262.jpg

織田は中盤からのスタートだったが、スタート後前に出られずシケインの大渋滞で手間取り、トップまでには届かず。それどころかゴール手前の折り返しターンで抜かれ全体の4位に沈んだ。
b0136231_105635.jpg
b0136231_11966.jpg

C3Aの優勝は斎藤(RIDELIFE.RIDEGIANT)、2位に小川(じてんしゃの杜)、3位にユースの織田をゴール手前までマークして抜いた根本(BIORACER OFFROAD TEAM)

C3BはU14と同時発走
b0136231_115078.jpg
木村(GROWTACレーシング)がオープニングラップにトップになるとそのまま安定した走りで優勝。
b0136231_14102.jpg

2位、3位はいろいろあったが、2位に梶田(Hi-Bike)、3位に江川(Team Dirty Wheels)
b0136231_185021.jpg

U14ただ一人の小林くん(Team-K)はもれなく優勝。大人と同一周回を走り切っているのは立派。
*************************************************

チビッコクラスも白熱したレースが展開。
b0136231_111812.jpg
b0136231_1111619.jpg
カデットとU10はショートコースを走る。
b0136231_1115236.jpg
U12AとU12Bはミドルコースで泥を満喫。

ジュニア、ユース、U14は全国的にエントリーが寂しいクラス。この辺を充実させておかないといつまでたっても全体レベルが上がらない。野球、サッカーなどを見るとわかる通り、国際的にレベルの高い競技は底辺の競技人口がハンパなく多い。知り合いに自転車キッズがいたら是非とも誘っていただきたい。
*************************************************

いつものように、大量の写真はFlickrにあります。被写体のライダーに限りご自由にお使いください。
またクラスによって競技時間、撮影ポイントの移動などが理由で撮影枚数が異なります。ご了承ください。

Facebook『春日部写真店』にも写真を掲載してあります。タグ付け、シェア、ご自由にどうぞ。
*************************************************

さて、次週は全日本シクロクロス選手権大会と年代別選手権。一応プレス申請していますが、プレスミーティングが年代別のレースと時間が被っているため、プレスとしては撮影が出来ないかもしれないが、一般客を装い撮影する予定です。
では、ふもとっぱらでお会いしましょう!!

最後にスタッフ、参加者及び関係者のみなさん、寒い中お疲れさまでした。




当サイトに掲載の写真はライダー本人及び保護者、並び所属チーム関係者に限り二次使用を許可しますが、転載の場合キャプション及び当サイトへのリンクも同時にお願いします。

Copyright © 2012 KasukabeVisionFilmz™ All Rights Reserved.

by KasukabeVision | 2012-12-05 01:23 | シクロクロス
line

がんばろう日本!


by KasukabeVision
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite