Kasukabe Vision FILMz

kasukabev.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2012年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

TOHOKU CX Project 2012シーズン 第1戦

b0136231_22541719.jpg
TOHOKU CX Project 2012シーズンがGP-Mistralに引き続いて開幕。
JECXの第2戦にもあたるこのレースは福島県の猪苗代湖天神浜で開催された。
b0136231_075779.jpg
真夏の開催という事が理由なのか関東方面からの遠征組はごく少数。しかしながらC3においては宮城県からのエントリーが多かったように感じる。少しながらだが、確実に東北にCXの芽が吹き始めているように思える。
会場隣には天神浜オートキャンプ場があり、バンガローもあり、テントの場合はフリーサイトとなる。24時間利用可のコイン式の温水シャワーなど水回りがしっかり整備され安心して利用出来る。
b0136231_052133.jpg
土曜日の午前中に会場入りし、池本選手(和光機器-AUTHOR)による砂浜の走行テクニックなどをメインメニューとしたシクロクロススクールを横目に見ながら、いい雰囲気で撮影出来るポイントをチェック。

b0136231_054128.jpg
夜は運営関係者とビールを片手に「明日のCX」をアツく語り合った。
b0136231_073563.jpg




FlickrとFacebookに写真掲載しました。リンクは記事本文の下部にあります。

More・・・
by KasukabeVision | 2012-07-23 00:40 | シクロクロス

2012 JOSF 7月 緑山定期戦

今シーズン初めて朝から緑山スタジオに行ってJOSFの定期戦撮って来ました。
決して長男くんのレース参戦の「ついで」ではありません。
ヤツのレース参戦が「ついで」なのです(きっぱり!)
b0136231_23134154.jpg


現場に到着するちょっと前から路面が濡れていました。湿った風が吹いているし、不穏な空気を感じながらTBS緑山スタジオに到着すると明け方けっこう降ったらしいとの情報。
当然、コースは荒れ放題。参加者の大半がコースに整備にかかっていました。
道路状況の理由により遅れてくる参加者がいたり、コース整備に時間がかかったりで、レースの開始はちょっと遅め。

相変わらず参加人数が減少傾向にあるが、今回は怪我から復帰のライダーだったり、新規に再登録したライダーだったり、ワールドカップ転戦ライダーなんかと、久しぶりに緑山の定期戦に顔を見せるライダーが、何気にたくさん。


今回からリポート記事のスタイルを変更します。
Flickrページにそれぞれのクラスの写真を掲載しますが、閲覧数をチェックして需要の少ないクラスは撮っても今後掲載しないことにします。

ひょっとすると、黄色専門写真館になってしまうかも・・・

More・・・
by KasukabeVision | 2012-07-17 01:26 | JOSF 緑山

GPミストラル 2012-2013 第1戦(JECX #1)

b0136231_2222094.jpg

まだ梅雨明け前だと言うのに、関東のシクロクロスシーズン“GP-ミストラル”が早くも開幕した。
この日開幕したGP-ミストラル(以下GPM)は関東、東北、北海道の3地域で競技力向上とシクロクロス普及発展を狙いとする東日本シクロクロスツアー(以下JECX)の第1戦でもある。
b0136231_2304244.jpg
b0136231_2232086.jpg

twitterなどで夏にシクロクロスを開催する疑問符などが見られたが、心待ちに待っていたライダーもいたに違いない。エントリーは200人オーバー。子供クラスは他のイベントと重なってたようでエントリーは少なかったのが残念。しかし真冬と違い軽装のこの時期的なものがあるかもしれないが、ギャラリーがとても多く感じた。

コース設定は『子どもと女性のCX大会』で使用したエリアにカデット用のショートコース。U14、U12で使用するミドルクラス。そして一般用のロングコースを設営。ロングコースは1LAP6分前後の比較的早いコース設定となった。会場が平坦なのがGPMの特徴なのだが、それでも地形を上手く活用して数箇所にドロップオフを用意したり、シケイン板の間隔を広くして担いで走らせる設定だったりして単調ではない設定になっている。
b0136231_225417.jpg
そして今回はギャラリーが一番見やすいところに1番激しいセクションを設定。小川を数回ジグザグに切り返すのだが、前日のコース設営後に試走したところ乗車して通過可能だった。しかし土曜日の夕方からレース受け付け時間までの間に降った雨は想像以上に走る側にとっては厳しく、見る側にとっては楽しいセクションに生まれ変わらせてくれた。レース開始前の多くのライダーによって水と土が完全に混ざり合ったペースト状の泥に仕上がり、乗車通過率ゼロ。雨が上がって気温上昇も手伝い体力奪取率200%!(当社比)
b0136231_2241343.jpg
よく言葉のたとえで『泥臭い』と言うが、写真を撮っていると実際に泥の臭いが強烈だった。


b0136231_227101.jpg


Flickrへのリンクを追記しました。
Flickrへのリンク切れ修正してあります。記事下部にリンクあります。

More・・・
by KasukabeVision | 2012-07-10 03:09 | シクロクロス

the WRECK TIME

Cycle Speedway Japanでのクラッシュシーンです。

どういう訳か、こういうシーンには鼻が抜群に効きます。
やりそうなときはトップのライダーを追いかけるのをやめて狙います。
今回のレースもたくさんクラッシュシーンがありました。



b0136231_2245409.jpg

スムージー屋さんの前でママチャリに跨がったまま観戦している通りすがりの観客をも巻き込むほどのハードなクラッシュ。思いっきりぶっ飛んだフェンスがママチャリのフロントフォークを直撃。何事もなかったようにレースが再スタートした後も仕切りにフロントフォークを気にしていました。大丈夫だったかな?


b0136231_22522617.jpg

もうひとつ。チーム戦決勝の第1ヒートでのクラッシュシーン。ご覧の通り同じチーム同士で絡んでいます。
TEAM YELLOW+ハブ毛ジャパン+中沢ジムの合同チームである「YELLOWハブ毛GYM」はカメラマンだけを喜ばす見せ場を作って自滅しました。



たくさんクラッシュあったけど、救急車を呼ぶほどの騒ぎにならずに済んで良かったですね。


他のクラッシュシーンはFacebookページにあります。



当サイトに掲載の写真はライダー本人及び保護者、並び所属チーム関係者に限り二次使用を許可しますが、転載の場合キャプション及び当サイトへのリンクも同時にお願いします。

Copyright © 2012 KasukabeVisionFilmz™ All Rights Reserved.

by KasukabeVision | 2012-07-03 23:04 | Wreck time

第1回 Cycle Speedway JAPAN

b0136231_12003.jpg

6月30日、Cycle Speedway JAPANの記念すべき第1回大会を撮影して来ました。

b0136231_1235355.jpg

場所は駒沢オリンピック公園中央広場。会場の雰囲気はだいたいこんな感じ。

梅雨まっ只中というのに手探り状態での開催のこのイベントを祝うような思いっきり晴れ。
主催者側も競技する側も、見る方も撮る方もみんな初めて。ご存知の通り日本ではサイクルスポーツは超マイナーな部類だが、平地さえあればどこでも開催出来るこの競技がひょっとしたらメジャーに押し上げてくれるかもしれない。そんな期待をしつつ撮影させていただきました。

More・・・
by KasukabeVision | 2012-07-02 02:55 | イベント
line

がんばろう日本!


by KasukabeVision
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite